モアイソフト - MOAI Soft サイト内検索 サポート掲示板 オークション自動入札ソフト AuctionFetish -オークション・フェティッシュ-

メインページ使い方準備タスク登録インポートQ&Aタスクリストツールバー環境設定コマンドラインマニュアル

Amazon自動注文ソフト AmazingFreeショッピングサイト入荷監視 ShopDingDong楽天市場ブラウザ RakishFree右クリック拡張 RightWandsMoaisoft Games - モアイソフトゲームズ株と世界の指標ロト6・ミニロト当選番号予想ソフト、アチャロット配布作者ブログ - TIMN5-BlogTIMN X68000 - 往年の名機X680x0用フリーゲーム ネットショップ自動注文・監視ツール SHOP DING DONG

インポート / Import

 

メインウィンドウで、インポートボタン を押すと、下のようなウィンドウが開き、

様々なインポート ・エクスポート処理が行えます。

 

大量のタスクを一括登録するのに便利な機能が揃っているので、是非活用してください。

 

ヤフオク!の保存した検索条件の同期などもここで行います。

 

また、CSVファイルを利用したエクスポート・再インポート機能により、

業務などで大量登録・一括入札設定を行う際の手間を大幅に低減することも出来ます。

これにより、エクセルなどで高度な編集を行うことが可能になり、タスクリストを自由に取り扱うことが出来ます。

インポート

 

   
 

 1.インポー ト

 2.エクスポート

 3.保存した検索条件

 4.保存した検索条件を活用した高度なインポート方法

 5.CSVファイルのインポート・エクスポート

 6.CSVファイルのインポート・エクスポー トの便利な使い方 新着アイコン

   


 インポート

 

 インポートは特定のソースから一括でオークションを取り込む機能です。

 AuctionFetishでは、

 からインポートすることが出来ます。

 

 

・インポート元の選択

 

 機能を選んでボタンを押してください。

 ボタンを押すと、ウィンドウ右側のコンソールに経過が表示されます。

 

 中断・終了したい場合は、キャンセル(閉じる)ボタンを押してください。

 *シフトキーを押しながらボタンを押すことで、内蔵ブラウザで過程を見ながらインポートできます。

 

 ヤフオク!のウォッチリストに登録されている商品を 全てインポートします。

 実行前に右側にあるコンボボックスから検索条件を選択してください。

 その後ボタンをクリックすると、選択した条件の検索結果を全てインポートします。

 実行前に右側のコンボボックスに出品者のYahoo!JAPAN IDを入力してください。

 その後ボタンをクリックすると、指定した出品者が出品している全商品をインポートします。

 楽天オークションのウォッチリストに登録されている商品を全てインポートします。

 現在内蔵ブラウザに表示されているページからインポートします。

 検索結果を表示させてからインポートすると多数のオークションを効率的にインポートできます。
*ページ内に含まれるオークションページへのリンク先の商品を一括でインポートします。

 

 CSVファイルを選択してインポートします。

 他のインポートと異なり、設定した入札条件もインポートできるため、業務利用などでの大量一括設定に役立ちます。

 

*詳しくは、CSVファイルのインポート・エクスポートをご覧下さい。

*既にタスクにある商品をインポートした場合、入札設定が上書きされます。

*他のインポートと異なり、保留状態はCSV内の設定に依存します。

*インポートできるのは、AuctionFetishで出力したCSVファイルです。他のソフトでエクスポートしたCSVファイルは書式が異なる為インポートできない場合があります。その場合は、下の、ドラッグ&ドロップエリアへドロップしてインポートして下さい。

 

 ブラウザ等から ドラッグ&ドロップする事でインポートできます。インポートできるものは以下の通りです。 また、Ctrl+VでクリップボードのURLからインポートすることもできます。

  • URLリンク(ブラウザのリンクやページアイコンなどをドロップ)。そのページ と、ページ内のリンクに含まれるオークションをインポート。

  • テキストファイル。ドロップする事でテキストに含まれるオークションURLをインポートできます。

  • オークションページのURLを含んでいればインポートできるので、他のアプリで出力したCSVファイル等もインポートできます。

*これはボタンではないので押せません。ドロップエリアです。

*AuctionFetishでエクスポートしたCSVファイルをここにドロップしてもインポートできますが、URLのみ反映され、入札設定は反映されません。入札設定を反映したい場合は、CSVファイルボタンでインポートしてください。

 

 

 

・インポートオプション

 

 インポート時には、以下のオプションを設定できます。

 インポートを実行する前に設定してください。

*インポートの種類によっては無効なオプションがあります。以下の表で確認してください。

 

ページ毎に

続行を確認

 複数ページをインポートする際、1ページ分インポートする毎に、続行するかどうかをダイアログで確認します。

 チェックを入れておくと、1ページ毎に 続行の確認を求めてきます。

 

 チェックしない場合は、最終ページまで一気にインポートしますが、検索条件などによっては膨大な数のオークションをインポートする事になるので注意が必要です。

 続行を確認しない場合でも最大インポート件数を超えた場合は終了します。

*キャンセルボタンをクリックすることでも中断できます。

 

影響を受けるのは、

  • ヤフオク!ウォッチリスト

  • ヤフオク!保存した検索条件

  • ヤフオク!指定ID出品商品

  • 楽天オークションウォッチリスト

です。

 

デフォルトを

適用

 このボタンを押し下げた状態では、インポートされたタスクの入札設定にデフォルト値が適用されます。

 

*インポートする前にデフォルト値を設定しておかなければ無意味です。

*デフォルト値の設定については、デフォルト設定についてをご覧下さい。

*CSVインポート時にチェックが入っていると、CSVの設定にデフォルトが上書きされるので、ご注意ください。

 

 全てのインポートに影響します。

 

入札額

調整

 CSVファイルからのインポートでは、入札 額などの入札条件をCSVに設定してからインポートすることで、一括して入札設定をすることが可能です。

 

 しかし、例えば、入札 額1000円と指定したオークションが、インポート時に現在価格が2000円になってしまっていた場合、絶対に入札成功しないため、このままでは このタスクは無意味です。

 そこで、その様に現在価格が、入札価格を上回っている場合に、 どうのように処理するかを設定するのがこのオプションです。

 

 影響を受けるのは、

  • CSVファイル

です。

 

 選択肢は、以下の3つから選んで下さい。

 

何もしない 特に何もせず、設定値のままインポートします。
最低入札価格に調整 自動的に最低入札可能額に調整します。
インポートしない 該当するオークションはインポートしません

最大インポート

件数

 一回のインポートで最大何件までインポートするかを設定します。

 検索結果などが膨大になった場合のリミッターとしてのご利用をお勧めします。

 

 全てのインポートに影響します。

 

 

 

・インポートされたタスクの初期値

 

 インポートされたタスクの初期値は以下のように設定されます。
*誤入札防止の為、保留状態でインポートされます(CSVインポート以外)。入札したい場合は保留を解除し、任意の入札設定に変更してください。

*CSVインポートの場合は、設定された通りに設定され、以下の初期値は適用されません。

 

個数 1個 (希望の個数がそろわなければ落札しない)
入札額 最低入札価格(現在の価格から計算した入札可能な最低額)
入札時刻 15 秒前
アラームを鳴らす チェック
報告メールを送信 送信しない
ウォッチのみ チェック解除。入札する。
保留状態 保留(誤入札防止の為、最初は保留状態になっています)

 

 

・その他の注意点

 

*予め対象サイトにログインしておく必要があります。ログインしていない場合は失敗しますので気をつけて下さい。

 

 

上に戻る

 


 エクスポート

 

 エクスポートは、CSVファイルにのみ出来ます。

 CSVファイルとは、エクセルなどの表計算ソフトでよく使われる汎用性の高いファイル形式です。

 

 AuctionFetishでは、エクスポートしたCSVファイルをエクセルなどで編集して、再びインポートすることで一括入札設定を行うことが出来ます。

 書式などについて詳しくは、CSVファイルのインポート・エクスポートをご覧ください。

 

 

 現在の入札タスクリストをCSVファイルとしてエクスポートします。

 

 また、現在価格・入札件数を出力にチェックすると、現在価格・入札件数も出力します。

 最新の現在価格を出力したい場合は、ツールバータスク更新ボタン を押して、最新の状態にして下さい。

*書式については、CSVファイルのインポート・エクスポートをご覧下さい。

 

 

 

上に戻る

 


 保存した検索条件

 

 保存した検索条件とは、以前は、Myショートカットと称されていたヤフオク!の機能で、一度検索した際の検索条件を予めいくつか保存しておける機能です。

 保存した検索条件自体について、詳しくは、検索条件を保存するにはをご覧ください。

 

 また、この保存した検索条件の検索結果を一括インポートすることも出来ます。

 なので、これを利用して複雑な条件で検索したオークションをインポートするのに使うことが出来ます。

 

 この方法について詳しくは、次項の保存した検索条件を活用した高度なインポート方法をご覧ください。

 

 ヤフオク!の保存した検索条件一覧に登録されている検索パターンをAuctionFetishの検索ブックマークとして同期します(最初は同期されていません)。

 同期したブックマークは、次回からツールバーのオークション検索ボタン アイコン:Amazon検索 のプルダウンメニューから選択して簡単に結果を表示することができます。

 

 また、環境設定ウィンドウの起動時の処理保存した検索条件を同期するをチェックしておくと、AuctionFetishを起動する度に自動的に同期することができます。

 

 

 

 

 


 保存した検索条件を活用した高度なインポート方法

 

 ここでは、ヤフオク!の保存した検索条件機能を活用した高度なインポート方法を紹介します。

 

 保存した検索条件は、とても便利な機能でこれを利用することで非常に詳細な条件で検索し、その結果を全てインポートすることが出来ます。

 

 保存した検索条件はヤフオク!のあらゆる検索条件を保存しておき、次回から保存しておいた条件で一発で検索できるようにするものです。

 どのような検索条件が使えるのかは、実際にヤフオク!の条件指定検索のページをご覧ください。ヘルプにも詳しく書いてあります。

 

 AuctionFetishでは、この保存した検索条件に保存した検索条件の検索結果を一括インポートすることが出来ます。

 以下の手順を参考にしてください。

 

・代表的な手順

 

-1-

 ヤフオク!で、条件指定ページで希望の条件を設定し、検索します。

 現時点では、右図のような項目を設定して検索できます。

-2-

 検索結果が希望通りなら、この条件を保存ボタンをクリックします。

 満足行かない結果ならば、検索条件を変更して再検索しましょう。

-3-

 確認画面が表示されるので了解したら保存ボタンをクリック。

-4-

 AuctionFetishのインポート画面に戻って、保存した検索条件内の ボタンをクリック。

 すると、AuctionFetishにヤフオク!の保存した検索条件が同期されます。

 

-5-

 インポート内の ボタンの右側のコンボボックスに、先ほどの保存した検索条件が反映されているので、それを選択。

 

-6-

  ボタンをクリック。

 インポート処理が開始します。

 完了ダイアログが表示されるまで待ちましょう。

 

 

 

 これで、検索結果を全て一括でインポートすることが出来ます。

 勿論、次回からは、-4-から操作すればよいので、何度も検索条件を設定する必要はありません。

*最大インポート件数が設定されている場合は、その件数までしかインポートされません。

 

上に戻る


 CSVファイルのインポート・エクスポート

 

 以下の書式のCSVファイルを編集してインポートすることで、他のツール(エクセルなど)で編集した大量のタスクリストを一括インポートすることが出来ます。

 業務利用での大量登録などの際にご利用下さい。

 

 勿論、一から表を作成してインポートすることも可能です。

 初めての方は、現在のタスクリストをCSVファイルにエクスポートして、それを編集するなどしてみて下さい。

 

 インポート時に、不正な値が読み込まれた場合は、エラーログが表示されるのでそれを参考に修正して下さい。

 

・一括入札設定の手順

 

 CSVファイルを一旦エクスポートし、エクセルなどの表計算ソフトやテキストエディタなどで編集し、再インポートするだけの簡単な作業です。

 

-1-

  を押してCSVファイルをエクスポートします。

 

-2-

 CSVファイルの書式を参考に編集します。

 表計算ソフトやテキストエディタなど使い慣れたツールをご利用ください。

*代表的なものとしてマイクロソフトのエクセルを推奨します。無償のものではOpenOffice等があります。

*エディタでも、WZ Editor秀丸エディタなどではCSVを表形式で編集できます。

 

-3-

 再び、 をクリックして編集したCSVファイルをインポートします。

 

-4-

 CSVで設定した入札設定がタスクリストに反映されます。

 後は、保留切替などを確認してタイマーボタン アイコン:タイマー を押すだけです。

 

 

・CSVファイルの書式

 

 下表の"設定反映" になっている項目は、インポート時にオークションサイトからデータを再取得し、そちらのデータが採用されますので、メモ程度に考えて適当に設定しても大丈夫です。

 逆に考えると、 になっている項目 は入札条件として反映されるので正しく設定しておく必要があります(空欄にするとデフォルト値が設定されます)。

 再取得は、URLを元に行われるので、URLは絶対に正確に入力してください

*デフォルト を適用がチェックされている状態にしていると、そちらが優先されCSVでの設定は無視されますので注意してください。

*最大インポート件数が設定されている場合は、その件数までしかインポートされません。

 

 

設定反映

必須 標準値 設定値

解説

番号

  整数(0~)

単なる通し番号です。

 

有効

有効 ○ (全角) 有効

有効・無効を設定します。

全角の○が有効で、全角の×が無効になります。

 

× (全角) 無効

サイト名

  YAHOO ヤフオク!

開催サイトです。

 

RAKUTEN 楽天オークション

オークションID

  半角アルファベット + 半角数値

オークションのIDです。

 

商品名

  任意

オークション商品名です。

 

アカウント

標準アカウント 空欄 デフォルトアカウント

入札に使用するアカウント名です。

通常は、空欄で問題ありません。

 

アカウント名 編集したアカウント

入札額

最低入札額 整数(1~)

入札する金額です。

入札価格の自動調整オプションにチェックを入れておくと、最低入札価格(入札できる最低限の価格)に自動調整されます。場合によって切り替えてください。

 

入札時間

15秒前 整数(0~)

終了から何秒前に入札するかを設定します。

 

個数

1個 整数(1~)、"[]"で括ると全数落札

複数個オークションの場合の落札したい個数です。"[]"で括ると、全数落札になります。

 

アラーム

○ (全角) 鳴らす

入札時にアラームを鳴らすかどうかです。

○×で設定します。

 

× (全角) 鳴らさない

報告メール送信

× ○ (全角) 送信する

入札時に報告メールを送信するかどうかです。

○×で設定します。

 

× (全角) 送信しない

ウォッチのみ

× ○ (全角) ウォッチのみで入札しない

実際に入札しないかどうかを設定します。

○×で設定します。

 

× (全角) 入札する

URL

*必ず入力する必要があります。 URL文字列

オークションのURLを設定します。

*これが間違っていると商品情報を取得できないので、正確に入力してください。

*URLパラメータ("?"より後ろの部分)は不要です。

 

 

 

上に戻る

 


 CSVファイルのインポート・エクスポートの便利な使い方 新着アイコン

 

 AuctionFetishは、自身では極力シンプルな作りにし、高度なタスクリスト編集機能は搭載せず、エクスポートしたタスクリストをエクセルなどで高度な編集機能を用いて編集して、編集後にインポートして戻すことで様々な処理を行うという方向性でいます。

 

 なので、AuctionFetishには最低限の編集機能しか備わっておりません。

 

 ここでは、インポート・エクスポートを利用するとこのようなことも出来るということを思いついたら、備忘録的に追加していきます。 

 

 

・タスクリストに登録している全タスクの入札時間を5秒前に一括変更したい

 

-1-

  を押してCSVファイルをエクスポートします。

 

-2-

 エクセルで、"入札時間"の列を全て"5"にします。

 

-3-

 再び、 をクリックして編集したCSVファイルをインポートします。

 

-4-

 すると、タスクリストの全タスクの入札時間が、5秒前に変更されます。

 そのほかの項目も、同様の方法で一括変更出来ます。

 

 

・入札額が現在の価格を下回っているタスクは、もはや無意味なのでそれだけ削除したい

 

-1-

  を押してCSVファイルをエクスポートします。

 

-2-

 CSVの編集は不要です。

 入札額調整コンボボックスで、インポートしないを選択。

 

-3-

 再び、 をクリックして編集したCSVファイルをインポートします。

 

-4-  すると、入札額を下回っているものはインポートされずに削除されます。

 

 

上に戻る

 

 

 

 


 

 

©2008-2016 MOAI Soft All right Reserved. 運営者情報 | メールアドレスは、スパム対策の為にピクチャ化してあります。お手数ですが、手動でメールアドレスを入力してください。

雑誌掲載・紹介記事・相互リンク等のお問い合わせもこちらにお願いします。

リンクは、ご自由にして頂いて構いません。その際のバナーはモアイソフト公式サイト内の画像をご利用下さい。

AuctionFetishのアーカイブの転載は自由に行って下さい。しかし、改変する事を禁じます。